お水の基礎知識

お水の豆知識

お水の基礎知識

水は生きていく上で欠かせません

人体の水の割合

新生児・幼児:70%~80%
成人:55%~70%
老人:50%~55%
肥満体:50%
やせ体:60%~70%

水の重要性

人間の体は、成人男性の場合約2/3程度が水分で構成されています。女性の場合は体脂肪が多い分多少水の割合は少なくなりますが、それでも体のほとんどが水分でできているのです。

年齢を重ねるとシワが増え、お肌もカサカサになってしまいますが、それは年齢と共に体のなかの水分量が減ってしまっているため。生まれたばかりの赤ちゃんの体内水分量は80%以上と言われていますが、60代になると水分量はわずか半分の50%になってしまうのです。

また、肥満体の方の方が太っているために水分量が多いように思われますが、脂肪組織には水分量が少ないため、肥満体の方ほど水分量は少なくなっています。そのため、太っていると血液がドロドロになったり脂肪によって血管が詰まってしまうため、様々な病気を引き起こしやすくなるのです。

水の必要量

健康的な体を維持するためには適度な水分量が必要であり、失った水分量と同量の水分量を補給すると良いといわれています。健康な成人の場合、スポーツなどせず日常生活を送っているだけでも、汗や尿によって1日に約2リットル程度の水分が失われています。そのため同量のリットル程度の水を補給する必要がありますが、私たちは普段食べ物からも水分を知らず知らずのうちに補給しているため、水として摂取するのは半分の1リットル程度が摂取量の目安。ただし夏場など汗を沢山かく時期は熱中症を予防するためにも、こまめにさらに多い水分量を摂取するようにしましょう。

水分は摂らなさ過ぎると血液をドロドロにさせてしまいますが、摂りすぎた水分はきちんと排出されるようにできています。そのため、水は飲まないよりも飲むほうが健康には良く、こまめに水分を摂ることが、健康への第一歩といえるでしょう。

水分補給

毎年梅雨明けから熱中症のニュースが話題となりますが、何故熱中症になるのでしょうか。熱中症の予防にはこまめな水分と塩分補給が叫ばれていますが、何故水分が体内からなくなると熱中症が起こるのでしょうか。そのメカニズムは、私たちの体の体温調節機能の乱れにあります。

私たちはただ生活を送っているだけでも、心臓が動くなど、何かしらの熱を体の中で生み出しています。その熱を体の外に排出するべく、汗をかくことで体温を調節しているのです。

しかし暑さで急激に汗をかくと、体内の水分が一気に失われるだけでなく、この体温調節機能が上手く働かなくなります。すると汗を放出しようにも出す水分がなく、体の中にどんどん熱が蓄積され、体温がどんどん上がって熱中症になってしまうのです。

屋外よりも室内での熱中症患者が多い理由は、室内だから大丈夫だと安心しているから。しかしこのメカニズムを考えると、ただ生きているだけでも多大なエネルギーを生み出している私たちは、体の水分バランスが崩れると、ただ座っているだけでも熱中症になる危険性があるのです。

また熱中症患者の多くが高齢者ですが、その理由は喉を乾いたと感じにくくなるから。私たちが喉が乾いたと感じるときは、すでに脱水症状になりかけているとき。この時点で水分を補給しても、すでに失われている水分の2/3程度しか補給できないのです。つまりは、さらに喉を乾いたと感じにくい高齢者の場合、すでに気付かないところで脱水症状がかなり進行しているため、突然熱中症になってしまうのです。

水分は体内に蓄えることはできません。そのため、一度に大量の水分を補給してもあまり効果はなく、数回に分けてこまめに補給することが重要です。常に側にペットボトルや水筒などを常備し、1日1リットルを目安に水分補給を行いましょう。

水の選び方

水は大きくわけると、軟水と硬水があります。水が美味しいといわれる日本の水はそのほとんどが軟水であり、軟水はそのまま飲んでも料理に使用しても美味しいといわれています。その反対にミネラル分がたっぷり含まれたお水が硬水。欧米は硬水のエリアがほとんどのため、飲み水である軟水を購入するという文化が早い段階から根付いてきました。

どの水が良いかは、水を何にどのように使用するかによって異なりますが、スポーツをする際には硬水がおすすめ。汗の成分は99%が水で、残り1%がナトリウムや電解質などです。スポーツドリンクにもナトリウムや電解質が含まれていますが、市販のスポーツドリンクは塩分や糖分が多すぎるため、健康的とはあまりいえません。ナトリウムや電解質を水分から摂取するには、硬水のミネラルウォーターが良いでしょう。ただし日本人の体は硬水に慣れておらず、硬水によって下痢を起こす場合もあります。硬水を飲むのであれば、最初はあまり硬度の高くないミネラルウォーターを選ぶと良いのではないでしょうか。

普段の飲み水であれば、やはり柔らかい軟水がおすすめですが、なかでも近年海外では、ピュアウォーターが注目されています。ピュアウォーターは「純水」であり、不純物を徹底的に除去したお水。超軟水とも呼ばれており、シルクのように滑らかな喉越しと、水本来の味が楽しめるとあって人気となっています。またピュアウォーターは不純物を含まないため、抵抗力の弱い赤ちゃんや、薬を服用するさいのお水としても最適です。

その他、ダイエットや美容を目的として人気の水素水や、血圧を下げる効果があるとされているバナジウム水などもあります。お水と一口にいっても硬度や含まれる成分によって、体への影響はさまざまです。毎日飲むものだからこそ、自分に最適なものを選ぶようにしましょう。